Panasonic・disposer[KD-133]

特徴1:特徴とされております「オートクリーニング機溝」に寄る排出性向上とあります。チェーンミル方式を採用しており噛み込みに寄るロックで動かなくなるのを低減させる目的ですが排出性向上も噛み込み防止も『しっかり水を流し、スイッチを止めるのが早いのを失くす習慣』と言う本来の『ディスポーザー使用方法』を行なっていく事を弊社は推奨しております。

特徴2:ホッパー部とプラケット部を従来の製品から材質を変更し現行製品は軽量となっております。過去の製品の材質が重量であり、この材質の劣化で漏水が多くありました。現在はどのメーカーも軽量であります。他社メーカーも参考とする事をお勧め致します。

特徴3:蓋のスイッチタイプを採用しております。世界ではこの蓋スイッチは殆ど使用されておりません。では何故?これは『ディスポーザーは怖い』と言う【イメージ】が先行してしまったからであります。しかし、蓋スイッチに慣れているユーザー様も多く他社も多く蓋スイッチを採用しております。