取替ディスポーザーLIXIL

ディスポーザー標準装備マンションの初期設置での耐久年数は7年前後とされております。

勿論、使用頻度に寄って耐久年数は変わります。現在使用年数が10年を超える方は家族人数や使用方法で使用頻度が低いと思われます。しかし、現行タイプで無い『LIXILディスポーザー』は材質の問題から劣化に寄る漏水が御座います。漏水は軽量でも気付き難い為、キッチンの底板を痛めてしまいます。お早目のお取替えをお勧め致します。

INAX取替え前

ディスポーザーのフランジと呼ばれるゴムの劣化に寄る漏水です。水を流すだけで水漏れが起こる為、こうなりますと進行も早い為、早急な対応を怠りますと大変な被害もあり得ます。

米国のアナハイム社のOEM製品になります。蓋スイッチを採用しておりますが劣化に寄って蓋スイッチが壊れたり、蓋スイッチを奥まではめるのですが上手くはまらなくなると言うのが取替えの目安でもあります。

「快速くん」取替え前

噛み込みと言われるスイッチを入れても電気が入っても動かない(ロックされる)症状になります。劣化に寄って回転数の不安定から多く発生します。又、このフランジの部分が劣化で「ビロビロ」になり、蓋スイッチがはまらなくなったり汚れが溜まり易いので臭いが発生してしまいます。早目の取替えをお勧め致します。

取替え後(推奨製品)

エマソン社製(AC105)の取替えになります。処理方式も他社のスイングハンマー式とは無い、2ステージのスイングハンマー方式の為、処理されている時の音も処理の速さも最高グレードになります。