各メーカーのディスポーザーは様々です。現在、取付けられてますディスポーザーをご確認の上、ご覧下さい。

安永ディスポーザー修理対応

【安永エアポンプ株式会社ホームページからの製品内容】

 

大容量の生ゴミを静かに処理。快適・清潔な暮らしを提案します。

低騒音・低振動タイプだから作動音は会話レベル!

低振動ボディ構造と安全フタスイッチにより低騒音を実現

生ゴミ粉砕時の作動音は、低振動ボディ構造と安全スイッチが騒音の発生を抑えています。また水を流す事により水膜ができ、その効果でとても静音を実現しています。この音は通常会話レベルで、上下階に迷惑をかける心配もありません。(当社測定値)

優秀な粉砕能力と低振動な専用モーターを採用

高い粉砕能力を誇り、振動も少なく高回転型のコンデンサ型単相誘導電動機を採用しています。

大容量だから一度にたっぷり入る!

粉砕質容量が1.5L(生ゴミ500g相当以上)と他社にも例をみない大容量サイズなので、一度でたくさんの生ゴミを処理することができます(YD200BW型)。

切り忘れ防止タイマー付き!

万が一切り忘れてしまっても60秒で自動停止します。

フタのスイッチでさらに安心・安全!

安全フタスイッチで万一のけがもありません。

安全フタスイッチだから作動中に手を入れたり、誤ってはし置きやスプーンを入れることもありません。

誤って投入してしまっても飛び出すこともありません。また、作動中に安全フタスイッチを開けると、自動で停止します。

安永クリーンテックディスポーザー

弊社での交換対応前の写真になります。旧型もまだ多く、依頼があります。弊社サービスマンのこの製品の印象としましては「とても重たい、、、」と言う事を言われます。現行モデルは改良されていますがこの製品の重さはテラル製の旧型ほどの重量です。(テラル社製も現行モデルは重量を改良されています)

ディスポーザー付きマンションでは、このタイプのディスポーザーが丁度、交換時期をむかえており、依頼が多く御座います。 最も多くはフランジ(本体とゴムを繋いでいる箇所)の劣化に寄って漏水を発生する症状になります。しかし、ゴムに寄って本体の腐食部分は隠れている為に漏水に寄っては気付かずに数ヶ月生活して被害が大きい場合もあります。使用材質になりますので【弊社、推薦のディスポーザーは、この様な事が無い様に改良されております。】 
※  ご自分で出来る診断‼︎   
フランジ(本体に付けられたゴムの部分)から粉の様な砂の様な物【上の写真をよく見ると粉の様な物があります】がある様でしたらゴムを取ると写真の様に劣化がかなり進んでいます。
※この写真と上の写真は同じお客様の製品になります。ゴムで隠れていますが、この様に劣化が酷い状態です。


ヒューマントラブルとは・・・人的に寄って起こる機械トラブルを言います。状態に寄ってはご自分で対応可能であります。『ヒューマントラブル解決方法』をご覧ください。


[追加情報]

ヒューマントラブルなども含め直らなかった場合の修理対応料金はこちらに掲載されております。